「川田君、こんな簡単な書類でもミスするの。これなら違う人に任せた方が仕事が早いわ。」「ごめんなさい。」職場の上司は女性で、名前は木村さん。いつも厳しく、俺はいつも注意されています。同じ同期には「また注意されたのか。大変だな。てかあの上司お前だけにやたら注意しないか。何かしたか。」などと周りからも心配されます。確かに他の社員より俺は木村さんに注意されます。しかしそれは仕事場でのこと。俺が仕事でミスをするから仕方ないけれど夜は違う。 「クリイキしたいのか、まださせないよ。今日はたくさん俺を注意したからな。その仕返しにまだクリイキさせない。もっとしゃぶれ。」「はい。健太様。」俺は今、上司の木村さんとホテルでエッチをしている。その時は木村さんは俺の言う事を聞く。こういう関係になったきっかけは出会い系でした。 クリ責め 今の仕事を勤める前に俺は出会い系をやっていました。そこで知り合ったのは木村さん。そして、出会い系でも俺たちが求めたのはセフレ。その為会ってすぐにセフレの関係になった。ところが、俺が入社した会社に木村さんがいた。驚いたけれど俺たちは他人を装った。そして夜、木村さんに会い今後のことを話し仕事は他人。夜はセフレ関係。だから仕事でどんなに叱られても夜は俺がリードをするから全然つらくない。むしろ仕事場でどんどん叱られた方がいい刺激になる。こうして、今も木村さんとの関係は続いている。最近は同じ同期の女性に好意を持たれているのかやたら食事に誘われる。このことを木村さんに話したらヤキモチ焼くかなと思ってしまう俺。 乳首舐め クリ舐め

クリイキ

49
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

まだ記事はありません

レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.